パソコン

外付けhddが認識されない場合の対処|情報という資産

このエントリーをはてなブックマークに追加

上限容量の拡張手段

周辺機器

一昔前まで、パソコンという電子機器は一部のIT企業やマニアが使用している電子機器となっていました。近年はパソコン自体の本体価格低下と高性能化に伴い爆発的に普及していったのです。パソコンを使用すればこれまで、会議やミーティングなどで使用する資料を簡単に制作することができ、社内や社外の相手とやり取りをする際もスムーズに進めることができます。非常に使い勝手の良いパソコンですが、製品によっては搭載されているhddの容量に限りがあるのです。搭載されている容量が少なすぎるとソフトをいくつかインストールしただけで容量が一杯となってしまうケースも多々あるのです。そのような問題を解決するために企業で使用されているのが外付けhddとなっています。
マウスやキーボード同様にケーブルを接続するだけですぐに利用ができるので利便性に優れています。オペレーションシステムがインストールされているドライブから不要なデータを外付けhddに移行すればパソコン自体の動作が早くなり、仕事の効率性もアップさせることが可能となっています。ですが、外付けhddも精密な電子機器となっているので長い間、業務で使用していると認識しなくなる不具合を起こすことがあります。再接続をしても認識されない場合は物理的トラブルによってパソコンとhddの交信が実施できていない可能性が高いのです。hddは光ディスクとは異なり、専門の業者でなれければ修理が難しいといわれています。データを確実に復旧させるためにも交渉下パーツは触らないようにしましょう。

社外で活用できるツール

PCと手紙

メールという連絡ツールは多くの企業で活用されている非常に便利なツールです。メールの利用や送受信を更に円滑に進めたいと考える企業はウェブメールの導入を企業内部で進めると効果的です。

Read More

ネット上の便利サービス

IT

クラウド技術が発展したことによって便利なサービスが数多く提供されるようになりました。その中でも多くの企業に活用されているのがクラウドファイルサーバと呼ばれる次世代のサービスなのです。

Read More

web上に預ける情報

クラウド

仕事を続けていると容量の大きなファイルを社外のクライアントや取り引き先業者に送信することがあります。データのやり取りを円滑に進めたい場合は法人向けオンラインストレージの利用が最適です。

Read More